電子カルテシステム HOPE/EGMAIN-LX

電子カルテシステム HOPE/EGMAIN-LX

富士通の豊富なノウハウを集積。
高機能と使いやすさ・導入しやすさを兼ね備えた
電子カルテシステムHOPE/EGMAIN-LX

いま、病院に求められているICT化、電子カルテ。富士通は、堅実なシステム導入を必要とする中堅規模病院のために、数多くの病院で培ってきたノウハウをベースに、豊富な機能を搭載した電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-LX」をご提供いたします。診療情報のさらなる共有を推進し、地域一体となった医療を実現するための基盤となる院内ICT化を強力にサポートします。

高機能の追求

ご利用いただいている数多くの病院から得られた貴重な意見を活かし、幅広い医療シーンに対応できる高機能をご提供いたします。

使いやすさの追求

簡単に入力・閲覧できる高い操作性を備えています。例えば利用者ごとにカスタマイズできるナビゲーションマップなど簡単操作と使いやすさを追求しています。

導入しやすさの追求

専門の情報担当部門のない病院でも安心して導入できる高いメンテナンス性を実現。安心して利用できる独自の二重構造、容易なマスタ―メンテナンス画面などを用意し、導入しやすさを追求しています。

高機能の追求

総合型カルテ

カルテ・オーダ・看護の機能を一体化し、1つのデータベースによる情報の管理を行うことで、各職種の方の記載内容がリアルタイムで1つのカルテに反映されます。記載した職種に関わらず、全ての記録を時系列で表示し情報共有を促進します。また、患者情報や利用者情報、診療情報のマスタなども1つのマスタで管理することにより運用効率を高めます。

ナレッジセット

過去に出された全ての処方オーダをRp単位でパターン化して、辞書のようにガイダンスを表示します。初診患者にオーダを出す際にも、登録したセットを使わずに簡単・スピーディにオーダ発行できます。蓄積されたデータをもとに編集しますので、パターン辞書は常に最新の状態に保たれ、使えば使うほど便利になります。

業務のポータル

カルテ・オーダ・看護の機能を一体化し、1つのデータベースによる情報の管理を行うことで、各職種の方の記載内容がリアルタイムで1つのカルテに反映されます。記載した職種に関わらず、全ての記録を時系列で表示し情報共有を促進します。また、患者情報や利用者情報、診療情報のマスタなども1つのマスタで管理することにより運用効率を高めます。

看護支援機能

看護支援機能は看護過程をフルサポートする各種機能を搭載しています。病棟患者マップから担当入院患者を選択し、ワークシートの出力や経過表の入力などの業務が行えます。またドラッグ&ドロップでのベッド移動シミュレーションや確定が行えます。

ヒスカリトルビュー(オプション)

従来の電子カルテシステムは、データが蓄積されるにつれて、目的とする情報を見つけ難くなるといった課題がありました。紙カルテの感覚的な情報も視覚的に表現し、目的とする情報へ素早くたどり着ける機能を実装しています。

マルチカルテビューア(オプション)

従来の電子カルテシステムは、一画面で患者の情報を把握することが難しいという課題がありました。診療科の特性に応じて患者の状態を素早く把握するために、必要な情報をマルチウィンドウ形式に表示できます。表示させる情報の種類は利用者ごとに設定することができます。

使いやすさの追求

やさしいユーザーインターフェース

誰にでも分かりやすく、簡単に操作できるように、シンプルな画面デザインを徹底追求しました。

同時入力・同時参照機能

複数のスタッフが同時に一人の患者のカルテに入力、参照することができます。また一人のスタッフが同時に複数の患者のカルテを開くことができます。

マルチモニタ対応

マルチモニタにより複数のアプリケーションを並べて表示することができます。例えば検査の画像を確認しながらカルテを記載するなどの使い方が可能です。

導入しやすさの追求

高い安定稼働を実現

日誌、記録、利用者基本情報シート、統計データの項目追加・配置変更がExcelで簡単に行え、作成した独自帳票フォーマットでの運用が可能です。

サーバのバックアップ対策

様々なバックアップ対策を行っています。

  • ・DBサーバ二重化によるデータ保存の信頼性向上
  • ・ディスクアレイ、二重化ディスクによるディスク障害対策
  • ・無停電電源装置による瞬断・停電対策
  • ・システム監視機能による障害検知・防止機能
クライアントののバックアップ対策

万一、入力中にパソコンのコンセントを抜いてしまった場合でも入力中のデータが復元されます。

安心・確実な情報セキュリティ

版数管理方式

操作情報(追記、修正、削除など)を版数で管理しています。必要に応じて修正前の内容を確認できます。

患者パスワード機能

特別な患者や病院職員のカルテなどの情報をパスワードで保護管理することができます。

アクセスログ管理

どの利用者が、どの患者に対して、いつ何を訂正、追記、参照したかをアクセスログで管理し、解析を行うことができます。

段階的なシステム構築と発展

病院のニーズやご計画に合わせ、オーダリングから電子カルテまで段階的なシステム導入が行えます。また、各種部門システム、オプション機能を組み合わせ、HOPE/EGMAIN-LXを核とした病院の統合情報システム構築が可能です。

簡単なマスタメンテナンス

システムの管理に煩わされることのない容易なメンテナンスを実現しています。薬や、検査項目、病院固有の動作環境など、専用のマスタメンテナンス画面を提供することで、システムの専門知識がなくとも簡単に設定、変更が可能です。

システム体系

基本アプリケーション

  • ■サーバ基本システム
  • ■電子カルテツール
  • ■看護支援ツール ・看護管理
  • ・経過表
  • ・看護カルテ
  • ■基本オーダツール ・処方オーダ
  • ・検体検査オーダ
  • ・移動・食事オーダ
  • ・予約オーダ
  • ・病名オーダ
  • ・指示簿指示オーダ
  • ・会計オーダ
  • ■各種専用オーダツール ・放射線オーダ
  • ・病理検査オーダ
  • ・リハビリオーダ
  • ・透析オーダ
  • ・生理検査オーダ
  • ・内視鏡検査オーダ
  • ・指導料オーダ
  • ・細菌検査オーダ
  • ・注射オーダ
  • ・処置オーダ
  • ・手術オーダ
  • ・輸血オーダ
  • ・麻酔オーダ

オプションアプリケーション

  • ■診療計画オプション
  • ■マルチカルテビューアオプション※
  • ■DPC管理オプション
  • ■精神科管理オプション※
  • ■持参薬管理オプション※
  • ■チーム医療オプション※
  • ■統合部門ツール(手術)
  • ■統合部門ツール(リハビリ)
  • ■複数医療機関管理オプション※
  • ■ヒストリカルビューオプション※
  • ■DPCツール
  • ■周産期管理オプション※
  • ■外注検査連携オプション
  • ■PDAオプション※
  • ■生体検査オプション※
  • ■統合部門ツール(輸血)
  • ■統合部門ツール(透析)

※2011年10月以降提供予定

地域ネットワークへの対応

電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-LX」とSaaS型地域医療ネットワーク「HumanBridge(ヒューマンブリッジ)」を連携させることで、カルテ情報や検査結果などの診療情報の共有を行うことができます。地域内での医療サービスの向上、大規模災害時の医療連携を推進することができます。