製品情報

電子カルテシステム EGMAIN-LX

電子カルテシステム EGMAIN-LX

いま、病院に求められているICT化、電子カルテ。
富士通は、安全かつ確実なシステム導入を求める中堅病院様のために、様々な病院で培ってきたノウハウをベースに機能を強化した電子カルテシステム「HOPE/EGMAIN-LX」をご提供いたします。
院内での診療情報の共有と活用を推進し、地域一体となった医療を実現するための院内基盤整備を強力にサポートします。

クラウド型電子カルテシステム HOPE/Cloud Chart

クラウド型電子カルテシステム HOPE/Cloud Chart

時代は、システム導入から、サービス利用へ。
長年培ってきたノウハウや運用の標準化を進めてきた富士通だからこそできるクラウド型電子カルテシステムHOPE Cloud Chart。

無床診療所向けシステム EGMAIN-RX

無床診療所向けシステム Lifemark-SX

HOPE/Lifemark-SXは、電子カルテの蓄積されたノウハウと、医療事務システムの豊富な経験を融合した、無床診療所様向けの医療事務一体型電子カルテシステムです。

医療事務システム HOPE/SX-S

医療事務システム HOPE/SX-S

経営の基盤となる保険請求を支えるだけでなく、患者さんへの玄関である事務部門をIT化。使う人の満足を追求し、働く人の喜びにまで発展させたい。それが富士通の目指す新しいシステム「HOPE/SX-S」です。

介護マネージメントシステム Lifemark-Wincare

介護マネージメントシステム Lifemark-Wincare

ケアサービスの質を高めるためには、利用者様とのコミュニケーションの向上、介護にともなう事務作業の効率化、医療や福祉機関とのスムーズな連携が必要です。富士通のHOPE/Lifemark-Wincareは、介護保険施行当初より多くの介護事業者様に導入されている豊富な実績を活かして、介護現場の声に応える様々な機能を搭載。介護保険利用者様が自立して『安心・快適』に暮らせる、きめ細かなケアの提供をサポートします。

レセコンソフトウェア 日医標準レセプトソフト

レセコンソフトウェア 日医標準レセプトソフト

自日医標準レセプトソフト(日レセ)は、医療現場IT化を推進する日本医師会が、会員のために提供しているソフトです。 日本の医療全体を考える日本医師会が主導となって医療現場のIT化を進めることにより、各医療機関の医療情報が標準化し、誰にでも安心・安全に共有・活用され、事務現場の効率化、ひいては日本の医療の質の向上・発展を目指しています。

保険証自動入力システム 保険証 Scanning Pro

保険証自動入力システム 保険証 Scanning Pro

自動解析タイプのソフトウェアなので、保険証の種類の選択や、読取位置テンプレート選択などの手動操作は全くありません。保険証のサイズやレイアウトを解析し、印鑑やロゴ・コピー防止用ノイズを消去してOCRを行います。独自の画像二値化・レイアウト解析処理・文字判定抽出アルゴリズムにより、汎用のOCRソフトウェアでは読み取りが困難な、印と重なった文字や、柄の入ったベース上の文字でも綺麗に読み取れるようになりました。コピー防止処理のされたOCR困難な保険証でも、高い認識率で読み取りでき、カード保険証の読取率は99.14%以上の高い数値をマークしています。

薬局経営・調剤システム Elixir

薬局経営・調剤システム Elixir

毎日の複雑な調剤業務。何もかもを見渡すのは、熟練のスタッフといえども難しいものです。「見えない」を「見える」に。Elixirがクリアにします。

その他

蓄電池

電子カルテシステムが止まれば診療が滞り、物流システムが止まれば救援物資も人々に届きません。高層マンションから逃げたくてもエレベーターが止まれば逃げられません。産業の現場でも、重要な製造ラインやサーバーがダウンすると甚大な被害が発生します。人や会社の命に関わるインフラをいざという時に稼働させるためのバックアップが必要です。

Kaspersky

個人情報が含まれている電子カルテシステムがウイルスに感染した場合、医院に通っているユーザー様だけでなく医院側にも甚大な被害が発生します。現在シェアを伸ばしているkasperskyの導入をお勧め致します。